« なんじゃもんじゃカフェ | トップページ | お別れ。 »

13歳のみかんの心臓

お久しぶりです。

毎日、ホント暑いですね。。。。

暑い~!

あ~つ~い~!って言葉しか出てこない(^-^;


帰宅後はバタンと寝てしまうので
ご無沙汰してしまいました(゚ー゚;

皆さん、夏バテしてませんか?!

この、みかんの写真はまだちょっと涼しい頃のもの♪

メールチェックに忙しい、13歳のみかんさん(*^-^)

Img_9369_1

先日、いつもの動物病院へ。

数か月に一度のエコー検査。


胆のうは、相変わらず壁は厚いけど、変化が見られないので経過観察。

心臓は・・・・
「心雑音はないけど・・・逆流はあるし、ほんの少しずつ肥大もあるみたい
 
だから、薬をはじめましょう」との事。

「どこから薬をあげる、というガイドラインがはっきり決まっている訳ではなく
迷うところだけど・・・」
という先生の言葉。

薬を受け取ってきたものの

考えて考えて考えて考えて考えて考えて・・・・

やっぱりまだ薬をあげたくない。。。というのが私の結論。

先生にはパピーの頃から診てもらっていて
みかんの事を十分に考えてくれている事も分かっているつもり。

でも、私たちがみかんの心臓に対してずっと対策をしてきた事は
話していない。
私たちにとっては、13歳で心雑音がないことは、奇跡的な事ではなく
対策してきた結果だと思っている。

熟女になって、心臓の機能が低下してきている事も事実だけど
心雑音も症状もないうちに。というのはどうしてもひっかかってしまう。

薬をあげるリスク、薬をあげないリスク。
どちらもあるのは十分に分かっているつもりだけど・・・
もう少し、様子を見たいな。

ずっと飲み続けなければならない薬だけに難しい。。。。

私、先生にちゃんと話せるかな。

「みかん~!」って呼んでも、なかなか気づいてくれなくなったから(^-^;

腰のところをトントンすると

Img_9368_1
ほら、こっち向いてくれた~♪(*^.^*)

お顔もちょっぴり白くなってきたなぁ。

でも、バリバリ走るし、まだまだ元気ですよん。

Img_9371

 

ママちゃん、悩んでたわ~(by みかん)

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
今日も会いに来てくださってありがとうございます♪

|
|

« なんじゃもんじゃカフェ | トップページ | お別れ。 »

コメント

ママさんがそう思うなら頑張って言うしかないですよね。私もカナンの目で免疫抑制剤を使うかどうかかなり悩み 止めました。
私の親戚にも14歳だったかな・・・のキャバリアがいるのですが 心雑音はあるものの年齢的なこととしてお薬はあげていないです。それでも元気に そして飼い主がケアしてあげる・・・お薬のリスクも考えて・・・みかんちゃんの場合は13歳、年齢的な心臓の衰えだとしたらそれは自然なことだし・・・心臓=お薬っていうのもどうなんだろうなぁって親戚のキャバリアを見ていたらそう思う今日このごろです。

投稿: chiemom | 2013年8月 9日 (金) 17時32分

信頼できる先生なのであれば、率直に自分の考えを言ってみるのがやはり一番かな~と思います。
ただ、あくまでも私の考えとしてですが・・、
キャバリアに多い「遺伝性僧房弁閉鎖不全症」は、
あくまでも遺伝によって発症し、発症年齢も進行具合も遺伝によるよころが大きいと
私は理解しています。
ただキャバリアでも全くその病気にならないコはもちろんいて、
我が家のキャバちゃんも11歳で、「キャバリアにしては立派な心臓」と先生に言われていました。
「逆流」=「雑音」だとも思っています。
でも、これはあくまでも私の理解の範囲です。
それから、「心臓の薬」と言っても色々あるし、
ニコの場合、今飲んでいるのは血圧を下げる一番弱い薬だけで、
体に対するリスクもほとんどないと言われていますよー。
やはり、よくよく先生と話し合って、納得した上で判断するのがベストですね。

投稿: きゃふぁにこ♪ | 2013年8月10日 (土) 11時52分

先生も迷われてるみたいですし、makomikanさんが対策してきた事、考え悩んだ結果を頑張って話しましょう(^_^)makomikanさんなら大丈夫!

みかんちゃんお外で走るのぉー!凄いね。
でも暑いからあんまり走っちゃダメだよー(^_^)

投稿: くるみこちゃん | 2013年8月12日 (月) 18時54分

信頼されている先生が仰っていると悩みますよね。

先生よりみかんちゃんにずっと近いmakomikanさんご家族が考えられたことなら
そうするべきだと思います。


うちは半年前にあるお医者さんで
心雑音がするとのことで、お薬を始めなければだめと言われたのですが
やはり悩みました。


るーさんは、とっても元気で、いつもと変わらない様子で
私たちは心臓の音までわからないけれど
るーさんがこの状態の時に、お薬を開始するということにどうしても納得が行きませんでした。
そのため、他の病院にもお話を聞きに行きました。
(結局、そこの病院では心雑音は全くなしで
薬の問題はなくなったのですが)

この時、色々考えさせられました。

いつかは飲み始めることになるかもしれない。
早くに予防的に飲めば、たくさんいいことがあると言われましたが
飲み始めれば、一生涯で
逆に心雑音があっても、薬を飲まなくても元気な子はたくさんいる。。。

すごく難しい問題ですよね。


そういえば、
うちのるーさんもお耳が聞こえていません。
今は目だけで、情報を得ているようです。
ちょっと寂しいですよね。

本人が音のない毎日を送っているのかと思うと辛くて
たくさん顔を見て
たくさん触って、伝えてあげたいと思います。

投稿: るーまま | 2013年8月12日 (月) 22時35分

♪chiemomさんへ
とっても難しいですよね。。。
薬をあげるにしてもあげないにしても
どちらにしてもリスクがあると思うから~
どちらが正解って事はないような気がします。
ここまでこれたという事は、
年齢的な事が大きいんだろうなぁとは思っています。
先生には自分の気持ちを頑張って話してみます。
ありがとうございました(*^-^)

投稿: makomikan | 2013年8月16日 (金) 17時06分

♪きゃふぁにこ♪さんへ
医療の事ってとても難しいですよね。。。
人間でも大変だから
ワンコは、なお更だと思います。
父の時も、とても悩みましたが、
最終的には父の意思を尊重しました。
その選択はどうだったのか・・・
今でも思う事はありますが、父の人生である以上、あれはあれで良かったと思うようにしています。
ワンコも話をしてくれるといいのになぁ~と
最近は特に思います。

先生には頑張って話してみようと思います。
ありがとうございました(o^-^o)

投稿: makomikan | 2013年8月16日 (金) 17時13分

♪くるみこちゃんへ
うん♪頑張って話してみます♪

私よりも(当然?)歩くのも早いです(^-^;
たくさん食べて、たくさん歩きたい♪みたいです(*゚ー゚*)

投稿: makomikan | 2013年8月16日 (金) 17時16分

♪るーままさんへ
本当に難しい問題ですよね。。。。

分かるわぁ~。
元気で症状もでていないのに薬を与えるという事に関して違和感を感じますよね。

薬で治るものではないのに
ずっと与え続けるのは、やっぱり他に多少の副作用が出てもおかしくないと思うのです。
でも、それは年齢的なもののためか副作用のためなのかは判断が難しいのではないかと。

薬をあげなくても徐々に悪くなっていくのだとは思います。
一気に悪くなる事も考えられる。。。
でも、
咳じゃないにしても、せめて疲れやすいなどの症状が出た時に考えたいなぁ。。。と思っています。
なので、よ~く様子を見たいとは思います。

頑張って先生に話してみます。
ありがとーございました♪

投稿: makomikan | 2013年8月16日 (金) 17時31分

ご無沙汰しておりました。

我が家のメリーは若いときから心臓のお薬飲んでいました。
今となってはそれが良かったのかどうなのかは解りません。
でも 飲んでいると言うことでの安心感はありました。
そのせいかどうかはわからないけど 元気でしたね~(笑)
河川敷も一生懸命走ったし...さすがに乳がんの手術のときはもうダメかと思ったけれど このときお薬が変わりました。
復活しました。
私はお医者様ではないから 薬が良いか悪いかは解りません。
ただ 罹りつけの先生を信頼していたので...

でも 最終的には飼い主の決断ですね。
家の先生も ワンちゃんはある程度高齢になれば 皆早かれ遅かれ心臓は弱ってくると言います。みかんちゃんも不思議じゃない年齢ですものね。
でもmakomikanさんが元気だと思い 薬は必要ないとおもうのなら それで良いんだと思う。
無理なく いい犬生が送れるのなら みかんちゃんのためだもの...
頑張って!

投稿: ひでちゃん | 2013年8月17日 (土) 16時39分

みかんちゃん、13歳で心臓のお薬飲んでないってホントすごいですよね~
makomikanさんの今までの努力あってのことですね。
makomikanさんが納得されるように進むのが1番と思います。
これからも元気でのんびりすごしましょー

投稿: maymay | 2013年8月19日 (月) 10時54分

毎日暑いですね~(;;;´Д`)
早く涼しくなって欲しいです~

難しいですよね~
目に見えて悪いというならともかく、そうでないなら・・・
迷う気持ち・・・わかります。
薬は出来るだけ飲ませたくないですよね。
みかんちゃんの事を一番知ってるmakomikanさんの考えが一番だと思います。
私もごん太の事で色々考えてます。
色んな事が出てくるシニア世代・・・
これからも元気でいてくれるように頑張りましょうね!

投稿: ごん太 | 2013年8月19日 (月) 14時19分

♪ひでちゃんさんへ
やっぱり、こういう時、話が出来たら
どんなにいいだろう・・・と思います。
薬を飲むにしても、飲まないにしても
どちらにしてもリスクはあると思うので~
状況をみて、薬ともうまく付き合っていければ
いいなぁ~と思っています。
最終的には、飼い主の判断ですものね。
しっかりしなくちゃ☆
ありがとーございます(^^)

投稿: makomikan | 2013年8月20日 (火) 09時23分

♪maymayさんへ
ありがとうございます♪
ゆっくりのんびり、もう少し様子をみたいと思います。
飲ませようと思うタイミングが来るような気がするので
その時まで、待とうと思います。

投稿: makomikan | 2013年8月20日 (火) 09時26分

可愛いだけに考え出すと
なかなか結論が出ませんね。
でも、世の中でみかんちゃんのことを
一番良く知っていて、
一番気にかけているのはmakomikanさんです。
makokikanさんの判断が、
みかんちゃんにとって良いことだと思います。

病気も可愛いみかんちゃんの一部だと思って
上手く付き合ってね。

投稿: かめ母さん | 2013年8月20日 (火) 09時27分

♪ごん太さんへ
本当に一つ一つ、これでいいのかと考え探りながら・・・難しいですよね。
でも、飼い主がしっかりしなきゃ!と思いました。
お互い頑張りましょう(^^)
ありがとうございます♪

投稿: makomikan | 2013年8月20日 (火) 09時28分

♪かめ母さんへ
ワンコは話してはくれないので・・・
とっても難しいけど~
ずっと見てきた自分を信じてみたいと思います。
飼い主がしっかりしないとですネ。
ありがとうございます。
頑張ります。

投稿: makomikan | 2013年8月20日 (火) 14時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431849/52785238

この記事へのトラックバック一覧です: 13歳のみかんの心臓:

« なんじゃもんじゃカフェ | トップページ | お別れ。 »